夏から秋への風景(河原にて)

 ◎今年も暑い夏、異常気象、だんだんとこれが普通になるのだろうかな?

 ♪9月の終りに郊外の河原に出掛けた時に見つけた風景。
 緑の草の茂る土手に、真っ赤なヒガンバナがあちこちに
 咲いていて、秋の雰囲気を十分に感じる情景でした。
 
画像

 真夏には全く姿を見せないのに、秋には決められた出番を
 ちゃんと知っていて登場する。自然はすごいなあ。
 奥の鉄橋をJRの電車が通過し、その上には1年半後に開通
 する北陸新幹線の新しい高架橋が完成しています。
 2年後には、新幹線も写っているだろうなどと一人でご満悦。


 ♪同じ河原に流れ込む水路に仲の良い(?)三サギの姿。
画像

 右上には大きなアオサギ、左下水路にコサギ、水路の右に
 草に隠れるようにゴイサギ。
 同じ水路に種類の違うサギが偶然見えたのでデジカメの
 ズームを一杯に延ばしてみたら、画像は悪くなったけど
 面白いと思ったので、載せました。
 三羽とも、同じ方向を見ているのは何か狙っていたのかな?


 ○最近はぐっと冷え込んでヒガンバナも姿を消してしまいました。
  台風が毎週のように来るので、出掛ける機会が減っています。
  暑い夏でしたが、もう少し野山へ出掛けていれば、いろんな
  植物や景色に出会えたのに、と悔やんでいます。
  これからの、貴重な晴れの日には、また、近郊の山歩きにでも
  出掛けてみようと思うこの頃です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック