カタクリ満開!

◎連休前半、お天気が良いので、近郊の山地にカタクリを見に行って来ました。
 金沢市では低地のカタクリは既に花期が終わりましたが、少し高度が高い山地
 では(標高300~400m)今が見頃。今年も満開のカタクリが広がっていました。
画像

 一面のカタクリは足の踏み場もないくらいです。誰かの所有する林でしょうか、
下草が刈られていて条件が良いカタクリの生育地があるおかげで、訪れる人が
少ないので、毎年静かに写真を撮ることができます。
 早春の雑木林の一番華やかな時期ですね。


○近くの小さな谷にはエンレイソウやキクザキイチリンソウも咲いていました。
画像

 エンレイソウは3枚の葉の中央から突き出る花が何とも妙な形ですね。

画像

 キクザキイチゲともいいますが、小さな沢沿いにあちこち群生しています。



○こんどは山を下り標高100m弱の低山地の川沿いに降りてきました。
 先ず見えてきたのがヤマルリソウ。
画像

 この花は薄い水色がさわやかで、すがすがしい春を満喫できます。


○すぐ近くにはトキワイカリソウ。
画像

 石川県では白い花のイカリソウが普通です。岐阜県や福井県では
ピンク色のものを見ましたが、県によって違うのかな。?
今度も花を下からアップで撮ってみました。
画像

 アップで見るとまるで宇宙人のような変わった形だと思ってしまいます。
 皆さんには何に見えるでしょうか。


○さらに川原に出ると、あちこちにアズマシロカネソウが満開。
画像


 この花もアップで一枚。
画像

 毎年このかわいい花が見れるのが楽しみですが、渓谷沿いのため、
 大雨で増水すると、生息地が崩れてしまうのではないかと心配です。
 金沢では希少種と思います。いつまでも咲いていて欲しいものです。



5月の連休時期には市内から20~30分程度で静かな山地に向かい、
早春の花を見るのが楽しみです。背後の800~1000mの山地には
まだ、残雪が残っていて、5月中旬以降でないと、簡単には行けない
ようです。でも残雪の隙間の谷沿いにはそろそろミズバショウが花を
広げる頃、来週くらいには、少しがんばって登ってみようかなあ。
金沢の山も殆ど全山春になりそうです。皆さんの近くには、春がどこまで
来ているのでしょうか。
早春の山もあっという間に緑に覆われてしまいますね。連休や週末は
忙しい日が続きますねえ。春の山野を楽しみましょう。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック