白い花満開!

◎久しぶりに、近郊の山に季節の花を求めて出かけて来ました。
 市街地を流れる川の上流の、標高200~300mの川沿いの林道。
 ちょうど、リョウブの白い花が咲いていました。
 
画像


 ○今回も花をアップで見ると。
 
画像

 小さな丸い玉のような花のつぼみが多数あって、次々と
 咲き出しているのが良く分かりました。

 ○近くの大木にはイワガラミが巻きついていました。
 
画像

周りに白い花のように見えるのは、装飾花といわれるガクですね。

 ○斜面の草むらにはアカショウマが咲き、強い香りを放っていました。
 
画像


 ○道路わきの斜面に白い花が一面に!
 
画像


 ○良く見ると花ではなく、白い葉でした。マタタビの葉ですね。
 既に、実が大きくなっていて、ピーナッツを太く大きくしたような緑の実。
 
画像

 
 ○葉をアップで見ると、こんな感じ。
 
画像

 葉の表面に白い色を塗ったような、不思議な葉ですね。
 金沢近郊の山では、梅雨時期から初夏にかけて、マタタビの花と
 花の後の実が、白い葉のおかげで遠くからでも見つかります。

 ○参考までに6月に咲いていたマタタビの花はこんな様子。
 
画像

 まるで梅の花のような感じです。

 ○そうそう、すぐ近くにマタタビとは少し違う実が。
 
画像

 サルナシの実です。葉の軸が赤く、実は未だ青いのですが、
 秋に熟するとキーウィのような甘い味で、果実酒にも最高です。

 ◎話題が食べる方にそれましたが、近郊の山には相変わらず、
  白い花が多いように見えます。単に私の目に、白いものが
  目だって見えるだけでしょうか。
  
  この暑さがどこまで続くか、例年にない早い梅雨明けの影響が
  山の自然、花の時期にどんな影響があるのか、この先の8月の
  山の様子を時々見に行きたいと思います。
  皆さんの周りの植物にも変化はあるのでしょうか。
  色んな花の話題を見つけるのは楽しみですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック